“あかまる牛肉店が綴る、お肉にまつわるはなし”

あかまる牛肉店誕生秘話 -はじめてのメール-

あかまる通信

株式会社あかまる牛肉店の鳥飼です。このような形で皆様にメールさせていただくのは初めてです。
失礼があった場合には申し訳ありません。このメールは、これまで弊社ネットショップからご購入いただき、メールアドレスをご登録後、メルマガ配信を希望された方にお送りしております。
 
弊社が2014年に鳥取県倉吉市に店を構えてから、もうすぐ4年が経とうとしています。
ここまで店を続けてこられたのは、弊社に関わってくれた従業員、地域の皆様、私の実家である鳥飼畜産、取引先様、そしてお客様皆様方のお陰だと思っております。

皆様のご協力なくして今の我々は存在しません。
このメルマガを通して、これまでちゃんとお伝えしてこなかった、店の想い、お肉の背景、お肉の使い方、鳥取のことなど、、、私自身あまり得意ではないのですが、いったん頭の中で整理して皆様にお伝えしていけたらと考えています。
不定期での発行になろうかと思いますが、どうぞお付き合いのほどよろしくお願いします。
 

第1号となる今回は、弊社のご紹介を簡単にさせていただきます。

あかまる牛肉店は、2014年7月5日に鳥取県倉吉市旭田町の店で創業しました。
この店はもともとお肉屋さんで、「牧野商店」という名前でした。
40年近く営業を続け、地域の人気店ではありましたが、旦那さんが亡くなり奥さん一人では続けるのが大変だということで惜しまれながら閉められていました。
たまたま良い出会いとご縁があり、その物件を見せてもらって気に入った私は、創業計画を立て、そこで肉屋を始めさせていただくことになりました。
創業の頃の想いは、以下に記事が残っています。

雛形MAG:https://www.hinagata-mag.com/comehere/54

私のことも少し紹介いただいています。
倉吉店は、主に店頭販売と、奥の飲食スペースでの焼肉(ドリンク持ち込み自由、店頭から肉を注文します)、そして事業の半分を占めるネット注文などの発送業務をおこなっています。
 


 
その後、2016年8月に2店舗目を近くの湯梨浜町に構えることになりました。
「あかまる牛肉店 ハワイ店」です。湯梨浜町は倉吉市に接していて、創業の店・倉吉店から車で15分ほどの位置です。
町村合併で羽合町(日本のハワイ)、東郷町、泊村の3つが合併してできた町です。
店の近くには、はわい温泉や、湖周10?ほどの道がウオーキングやサイクリングのスポットになっている湖・東郷池がある風光明媚な土地です。

湯梨浜観光:https://www.yurihama-kankou.jp/

 
ハワイ店では、従来からおこなっている精肉の小売りに加え、奥で焼肉が食べられるようなスペースを併設し、肉屋と焼肉屋がくっついたような店となっています。
倉吉店とは違って、ドリンクはスタッフが提供する形です。
店頭では、お酒の販売免許も取り(酒屋さんと同じ立場です)、ワインの品ぞろえを徐々に増やしてまいりました。
今は100種を超えるコスパの良いワイン(1000円から1800円くらいのもので美味しいもの)をはじめ、地酒(鳥取には10以上の蔵元があります)などを置いています。
ワインは、もちろん店内でお得に飲んでいただくことができます。

 


 

もうこんなにだらだらと書いてしまいました。今回はこの辺で。
次回は、弊社が仕入れているお肉について。ということは、私の実家である鳥飼畜産のことについて書くことになります。
当然、店よりも古い歴史を持っていますので、今回より長文になろうかと思いますが、どうぞお付き合い願います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。